Manifold
株式会社マニフォールド
  1. ホーム
  2. サービス
  3. 講習会
  4. 電気通信の工事担任者試験 受験対策
  5. > 直前対策講座 基礎

電気通信の工事担任者試験受験対策 直前対策講座

基礎

法規 基礎 技術
AI・DD総合種
DD1種、AI1種

◆コース概要

電気通信の工事担任者(通称:工担)試験「電気通信技術の基礎」(略称:基礎)の受験のための解答力向上を図る講習会です。 対応種別は、AI・DD総合種、DD第一種、AI第一種です。

過去問ベースの模擬試験と解答解説の繰り返しにより、受験直前の総仕上げを行います。 模擬試験と解答解説を 3セット以上実施します。

本講習会の位置付けについては、電気通信の工事担任者試験受験対策 コース体系をご覧ください。

コース番号

150008

コース名

電気通信の工事担任者試験 受験対策

直前対策講座 基礎

受講料

45,360円(税込)

34,020円(税込)【早期割り引き価格】

期間

1日間

対象者

電気通信の工事担任者試験を受験される方

主な内容
  • 模擬試験と解答解説
開催予定
● 2019年 4月29日(月)
   10:00~17:00
10:00~17:00
会場:東京都23区内 山手線エリアで調整中

東京近郊以外から参加をご検討されている場合は、地元で受講できる受験対策講座のご案内もご覧ください。

関連
コース

基礎からしっかり学習されたいお客さま向けの座学のコースです。速習講座を直前対策講座と併せてご受講いただくと、 さらに学習効果を高められます。

備考

お申し込み機会が限られているお客さま向けに、複数の講習会を同時にお申し込みできる セットメニュー(AI・DD総合種向け)セットメニュー(DD1種向け) もご用意しております。

◆「基礎」科目について

◇「基礎」の出題範囲

項目 細目 具体例
電気工学の
基礎
電気回路 直流回路、電磁作用、静電容量、交流回路、など
電子回路 半導体素子、ダイオード・トランジスタ回路、など
論理回路 論理式とシンボル、論理回路と入出力信号、データの表現(10進数、2進数)、フリップ・フロップ回路、など
電気通信の
基礎
伝送理論 伝送量の単位、特性インピーダンス、反射とインピーダンス整合、漏話、など
伝送技術 AM変調、FM変調、FSK変調、PSK変調、光変調、波長分割多重(WDM)、PCM、周波数分割多重(FDM)、時分割多重(TDM)、など

◇「基礎」の試験時間

試験時間は、40分です。

◇「基礎」の出題傾向

「基礎」の大問は、問1から問5までの5問です。それぞれの大問の配点は、各20点です。 小問は、大問に4問または5問です。配点は5点ずつ、または4点ずつの均等割です。

出題は、適切な語句の選択、または間違い探しの2パターンです。 間違い探しパターンでは、単純に正しい記述や誤った記述を選ぶ問題のほかに、AとBの2つの文章の それぞれについて正誤を求める問題があります。正しい記述や誤った記述を選ぶ問題にくらべ、AとBの 2つの文章の問題は、精度の高い知識が求められます。

「基礎」では、下のように、大問ごとに出題範囲が固定しています。

大問 項目 細目
1 電気工学の基礎 電気回路
2 電子回路
3 論理回路
4 電気通信の基礎 伝送理論
5 伝送技術

それぞれの大問の中の小問の数は、4題か5題です。ここ数年は、それぞれの大問での小問の数には変化はありません。

問1は、小問4題パターンが続いています。(1)が直流回路の計算問題、(2)は交流回路の計算問題がパターンです。 (3)~(4)は、電気回路に関する選択問題です。(1)の直流回路の計算問題のほとんどが、キルヒホッフの法則を使って解く問題です。 合成抵抗の問題がでることもあります。平成27年度第2回で問1(1)は、キルヒホッフの法則と合成抵抗の両方を使う珍しいパターンでした。 (2)は交流回路の計算問題は、合成インピーダンスの計算問題です。

問2は、小問5題パターンが続いています。エミッタ接地のトランジスタ回路の計算問題が、1問出るのがパターンです。 これに加えて、電流増幅率の計算問題が出ることもあります。

問3は、小問4題パターンがこの数年に続いています。素子補充問題とフリップフロップ回路の問題は、ほぼ毎回出てきています。 残り2題(まれに3題)は、2進数の計算、ブール代数を使った論理式の計算、ベン図と論理式の問題から出題されています。

問4は、小問4題パターンが続いています。変成器が入った電気通信回線の計算問題が、1問出るのがパターンです。 これに加えて、漏話減衰量やSN比の計算問題が出ることもあります。

問5は、小問5題パターンが続いています。特筆すべき偏りはなく、まんべんなく出題されています。

◆試験日程

◇「基礎」の試験時間

「基礎」の例年の試験時間は、以下の通りです。

AI・DD総合種

・「法規」および「技術」と合わせて受験する場合
3科目合わせて、9:30~12:10
・「技術」と合わせて受験する場合
2科目合わせて、9:30~11:30
・「法規」と合わせて受験する場合
2科目合わせて、9:30~10:50
・「法規」または「技術」を受験しない場合
「基礎」だけで、9:30~10:10

DD1種

・「法規」および「技術」と合わせて受験する場合
3科目合わせて、15:30~17:30
・「法規」または「技術」と合わせて受験する場合
2科目合わせて、15:30~16:50
・「法規」または「技術」を受験しない場合
「基礎」だけで、15:30~16:10